MayI-SITE(めいあいさいと)マザーズダイアリー&レビュー

各種レビュー・口コミ&育児・子育て/ライフログ

Javascript DHTML Drop Down Menu Powered by dhtml-menu-builder.com
Home スポンサー広告 テレビ・映画・DVD > 【レビュー】映画「スノーホワイト」DVD観ました!
全記事(数)表示
全タイトルを表示
サイト内検索
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
拍手ありがとう♪
オンラインカウンター
私も参加中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中! マクロミルへ登録 新規モニター登録 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ 136_50 ブログタイムズ 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ
みんぽすレビュー
長男
次男
お問い合せ・メール

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

--
--/--
--
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2012
10/20
Sat
    

【レビュー】映画「スノーホワイト」DVD観ました!

10/17(水)にブルーレイ&DVDが発売開始となったハリウッド映画、「スノーホワイト」のDVDサンプルを頂いたので、昨日じっくり拝見しました~!!

スノーホワイト [DVD]

「スノーホワイト」の原作はグリム童話の「白雪姫」。
白雪姫と言えば、7人の小人さんと、毒リンゴ、そして王子様とのキス・・のイメージがありますが・・、
(原作は全然違うようで、もっとコワーイそうです)

原作の誕生から200年を記念して、「コンセプト・ビジュアル・ストーリーなど全てにおいてイメージを一新」すべく作られた映画なのだそう。

主人公スノーホワイトには、クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズで有名)。
魔女のラヴェンナ女王役は、シャーリーズ・セロン(アカデミー主演女優賞も取った大女優さん)。
あと、上の写真のいちばん右の人がクリス・ヘムズワースで、ハリウッド屈指の肉体派俳優だとか。
現在人気の俳優を揃えた豪華なキャスティングや、「アリス・イン・ワンダーランド」を手がけたスタッフでの製作ということもあって、興収100億円ほどの大ヒットになったみたいですよ~

あらすじ


ざっとあらすじをご紹介っ。ちょっとネタバレを含みます。

スノーホワイトは父王と王妃に大切に育てられた身も心も清らかな可愛らしい女の子。
スノーホワイトは王国の誰からも愛されて育ちます。
でも、病弱だった王妃は幼いスノーホワイトを残して亡くなってしまうのでした。

ある日父王の治める王国は悪の軍団に攻め込まれ、なんとか撃退しますが、捕虜となっていたラヴェンナの美貌に父王が一目で魅せられてしまい、次の日には王妃にヾ(--;)!
(後から考えるとこれはラヴェンナの策謀だったんでしょうね~)

まぁ、ラヴェンナはこの美しさですから、仕方ないかも?(笑)↓

2410_D059_00114R.jpg

でも、もともと王国を乗っ取ろうと思っていたラヴェンナ、初夜に夫(王)を殺し、腹心の弟と幻の軍隊を場内に送り込み、一夜にして自分のものにしてしまいました。
そして邪魔者のスノーホワイトを、塔内に幽閉します。

そして女王の部屋に魔法の鏡を運び入れ、聞くのでした。
「鏡よ鏡、世界でいちばん美しいのは誰?」

鏡からどろーっとした鏡の魔人が現れて答えます。
「もちろん王妃様です」

2410_COM_00006R.jpg

女王は生け贄の女性の生気を次々に奪いながら、自分の美貌と若さを保ち続けます。

そして何年もの月日が経ち・・(お風呂とか食事とかどうしてたの?と思ったのは私だけではないはず(笑))、スノーホワイトは美しく成長します。ハイこちら↓

2410_COM_00039R.jpg

そんなとき、再び女王が魔法の鏡に例のやつを聞くと、「スノーホワイトが女王様より美しい、でもスノーホワイトの心臓を食べれば永遠の若さと美貌を手に入れられ、しかも魔力が衰えることもありません」。

最近魔力が弱くなったと思ったら、スノーホワイトのせいだったのか!!
「はやくスノーホワイトを連れてきなさいっ」
・・ものすごい形相と迫力で弟をせき立てて塔に向かわせますが、スノーホワイトは命からがら塔からの脱出に成功。
スノーホワイトは、女王の魔力の及ばない「黒い森」とやらに逃げ込んで命拾いします。

・・で、怒った女王が「森の案内人」として雇って送り込むのがこちらのエリック。

2410_D018_00190R.jpg

過去に心の傷を負っていて、その傷につけ込まれて女王の命令を聞く羽目になってしまうエリックですが、結局スノーホワイトに味方し、助けてくれる頼もしい勇者へと変身。

その後、無事幼なじみのウィリアム(王子?正統派二枚目ハンサムさん)にも再会し、王国の旗を掲げて蜂起するスノーホワイト。

果たして女王との対決はいかに!??

・・というストーリー。


感想


ここからは完全にネタバレを含みますのでご注意下さい。

頂いたDVDでこんなこと言うのもなんですが・・、ちょっと「( ̄△ ̄;)エッ・・?」って拍子抜けるくらいあっけなくて盛り上がりの欠けるストーリー展開&所々ツッコミどころ満載で感情移入できなくてがっかりでした・・。
(ファンの方、申し訳ないです)

シャーリーズ・セロンさん扮する女王は、文句なく美しい!!ですし、途中途中で入ってくる女王の過去のエピソードがちょっと切なかったりして(どうして若さと美貌にそこまでこだわるのか)、とても丁寧に描かれているんですよ。
だから、女王の行動には一貫性があるし、納得できるんです。

それに対して、スノーホワイトは全く理解できずでした(主人公なのに!)。
少女時代からいきなり大人になりました→逃げました→毒リンゴ食べました→仮死状態→キスで起きました→蜂起
・・ってその急展開に全然ついて行けませんっ(もしくは、逃亡の間の尺とりすぎ)。
ちなみに、毒リンゴを食べさせられるシーンには、ウィリアムとのちょっとしたロマンスを感じましたが、それが後のストーリーと全く関係なくなっちゃってる!
ウィリアムに恋心を持ってたからリンゴを食べたはずなのに、エリックのキスで目覚めるってどういうこっちゃ??いつの間にエリックにそんな感情を抱いていたの??
と、スノーホワイトの精神構造に疑問符が付きまくりです。

それに、仮死状態から覚醒したそばから王国民に向かって女王に闘いの宣言をするんですが、それまでのスノーホワイトが「全くそんなキャラじゃない」ので、宣言が唐突すぎてびっくり(*゜ロ゜)!です。
それこそ「性格変わったんじゃないか?」と思うほどの威勢の良さ。
女王に殺されそうになって、目覚めたからってそんなになる??
だって、闘いとなれば王国民にもたくさんの犠牲が出るでしょ?そんなのわかりきったことなのに、なんの躊躇もなく「私に付いてくる者はいるか!」と、民に犠牲を求めるんです。
そこに何らかの葛藤なり、迷いがないと、少なくともそれまでの旅路でせっかく描いてきた「優しくて生命を大切にするスノーホワイト」像と大きくかけ離れてしまって、頭のたりなくて猪突猛進な、おかしなキャラクターになっちゃいます。
私観ながら、「え、この子に付いていってみんなホントに大丈夫??」と心配になりましたもの(笑)。

で、とりえあず出兵して、かなりの味方を女王に殺されながら、進軍を心配するエリックやウィリアムに、「女王の城門を開く秘策はある!」と自信満々なスノーホワイト。
でも、その作戦って、「そ、それーーー??」みたいなあっけないものでガックリ。
結局なかなか城門が開かなかったせいでまた味方が多数やられちゃいましたし。
城門が開いたのって、結果オーライだったけど、開かない可能性もあったわけで・・。
剣を使った闘いでも、アクションなどが特に優れているわけでもなく・・(むしろ女王にはやられっぱなし)、
ヒロインなのに全然かっこよくないのです。
「今までの白雪姫のイメージを覆す!」と作った映画のヒロインなのに、残念なキャラクターになっているのではないかと。

そしてそして、白雪姫と言えば小人さん!ということで、こちらの映画にもちゃんと出てきましたが、さすがに7人もいると一人ひとりを描く時間的余裕はなくて、あまり小人さんのことが分からないまま終わってしまった感じです。
小人さんの出てきた背景もよく分からないし、スノーホワイトとの交流もほとんど描かれないまま闘いに突入するので、ここも消化不良かな~。

まとめ


「コンセプト・ビジュアル・ストーリーなど全てにおいてイメージを一新」すべく作った作品、という割には、勧善懲悪なもともとの白雪姫のストーリーをなぞっていて、なんだか既視感のあるストーリーですし、逆に「白雪姫」らしさを失わないよう、無理矢理「毒リンゴ」とか、「キス」とかの要素を入れておきました、という感じになってしまっていて、大風呂敷を広げたのは良いけれど、残念な方に滑っちゃったのかな~と思いました。

・・とはいえこの作品、全世界で大ヒットしたことから次回作の作製が決まったみたいで(女王もいなくなったのにどうするんだろう?)、今回疑問が残っていたところ(特に男性陣二人との関係)は次作で解消されるのかもしれませんね~。

そういう意味では、次回作がかな~り気になる作品です(笑)。

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンのモニターに参加中



スノーホワイト
楽天で「スノーホワイト」DVD/Blu-rayを一括検索&価格表示(最安値順)

関連記事
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

AD
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
男の子育児
5位
アクセスランキングを見る>>
人気ページ♪
ブログパーツ
タグランキング
Maps
Locations of visitors to this page
プロフィール

めい

Author:めい
[似顔絵作成:夫(笑)]
詳しいプロフィールはこちらです。
@コスメのページはこちらです。
日々の生活を綴っています。
■2007年6月~2009年6月まで米国ボストン(ボストン情報はこちら
■2010年4月~神戸(西宮)
■使用カメラ、レンズ
NIKON D5100、D40
PENTAX Q7
LUMIX GF5
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、SIGMA AF 30mm F1.4 EX DC
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FX

【自己紹介】
静岡県伊東市出身。
大学で上京、
2006年10月に長男、
2011年5月に次男、
2013年7月に三男を出産した、男の子のママです。

写真を撮ること、ブログでレビューすることが生活の一部です。
基本的に面倒くさがり&ものぐさ主婦なので、生活をラクにしてくれるアイテムに目がありません(笑)
商品のコンセプトに共感できるものも大好き。カラーやデザインもお気に入りのものを見つけたいです。
コメントお気軽にいただけると嬉しいです!
記事下からの拍手もとっても嬉しいです(*´∇`*)


【モニター実績】
2009年から商品のモニターをしています(記事タイトルに【レビュー】と入っているのはモニター記事です。)
ママ目線からの正直な感想を書くようにしています。気に入ったものはリピートしています~♪
■2009年:18件
■2010年:24件
■2011年:312件
[長期モニター中]
数教研ゼミ様記事一覧
大豆サポニンのチカラ様記事一覧
ザクロ・マカビューティ

[レポート更新中♪]
トースターパンレシピ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。