MayI-SITE(めいあいさいと)マザーズダイアリー&レビュー

各種レビュー・口コミ&育児・子育て/ライフログ

Javascript DHTML Drop Down Menu Powered by dhtml-menu-builder.com
Home > 【近郊旅行】Salem
全記事(数)表示
全タイトルを表示
サイト内検索
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
拍手ありがとう♪
オンラインカウンター
私も参加中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中! マクロミルへ登録 新規モニター登録 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ 136_50 ブログタイムズ 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ
みんぽすレビュー
長男
次男
お問い合せ・メール

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

--
--/--
--
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2008
03/27
Thu
    

セーラム旅行(2)Lyceum Bar&Grillでのランチ&セーラム魔女博物館

ピーボディエセックス博物館に行ったあとは、ランチにしました。

「地球の歩き方」に挙がっている4軒のレストランの中から、「セーラムで一番人気のレストラン」と書かれていた「リセアム・バー&グリル」にしました。
電話の発明者・グラハム・ベルが1877年初めて公共に電話した、という歴史のある建物らしいです。

Lyceum Bar&Grill
Lyceum Bar&Grill posted by (C)mayi

Lyceum Bar&Grill
Lyceum Bar&Grill posted by (C)mayi
店内に入るとすぐにバーがあり、暖かそうな本物の暖炉、そしてグランドピアノが置かれ、雰囲気の良いお店でした。
ハイチェアも用意してくれ、子供にもフレンドリー。

Lyceum Bar&Grill(ビーフシチュー)
Lyceum Bar&Grill(ビーフシチュー) posted by (C)mayi
私はビーフシチューをオーダーしました。
左上に見える塊はビスケットです(笑)。
野菜がたくさん入っていて、じっくり煮込まれた柔らかい牛肉も美味しかったです。お値段も10ドルしないのでお手頃価格。
最後まで飽きずに食べられる美味しいビーフシチューでした。
(味付けは若干濃かったかも?)

Lyceum Bar&Grill(チーズバーガー)
Lyceum Bar&Grill(チーズバーガー) posted by (C)mayi
ヒデさんはチーズバーガー。
美味しかったようです。やっぱりバーガーって外れが少ないですよね~。

お昼のあとは・・。

セーラム魔女博物館
セーラム魔女博物館 posted by (C)mayi
セーラム魔女博物館
セーラム魔女博物館 posted by (C)mayi

セーラム魔女博物館へ!!

この頃、私たちは「地球の歩き方」をカバンにしまってしまったので、よく読まずに入館してしまったのですが、建物を出るときになんとなく狐につままれたような感じがしました(笑)

あれれれ?と思いながら再び「地球の歩き方」を取り出すと、「アトラクション」「日本語の説明も聞ける」と書いてあって納得&後悔。

このセーラム魔女博物館は、入館するとまるで映画館のような待合室&扉があり、時間になってその扉から入場すると、大きな吹き抜けの暗い部屋に、小さいベンチが壁に沿って置いてあります。

??と思いながらそのベンチに座ると、おどろおどろしいナレーションが始まり、部屋の上部に設置された蝋人形に照明が当たって、怖い効果音とセリフなどを交えながら13の場面が順に展開されます。

・・でも英語力の乏しい私は重要な部分がわからないまま終わってしまうという悲しい結果・・。

上映(?)が終わるとすぐに部屋から出され、部屋の外はミュージアムショップ。そこを抜けるともう出口です。

・・というわけで、Museum=「博物館」という言葉のイメージで入館した私は上記のような「え?これで終わり?」みたいな、ちょっと申し訳ない感想を持ってしまったというわけです。。

アトラクションだと思って入れば、こういう演出もアリだし、むしろ好きなのに。そして受付で日本語のカセットも借りられたそうだし。
あー、もったいなかったなぁ・・

消化不良だったので、帰ってきてからセーラムの魔女裁判について色々なサイトを回って調べました。
セーラムに行けば魔女裁判について分かるだろうなんて思っていた私が甘かったです。なんせ英語なのを忘れていました。予備知識があるとなしでは全然見方も違ったはず。最初から調べて行くべきでした・・。

このあとは、美術館巡りで疲れていたこともあって、帰途へ。

セーラムには他に「魔女の地下牢博物館」(魔女裁判を再現する舞台を見られる&地下牢を見学できる)や「魔女の家」(魔女裁判の裁判官の一人が住んでいた家)や、「七破風の家」(ナサニエル・ホーソンの小説の舞台)などの観光名所があるみたいです(以上「地球の歩き方」より)。

そして、これまたあとで気がついたのですが、「セーラムろう人形館(Salem Wax Museum)」というのもあったみたいで(「地球の歩き方」に載ってなかった・・)、そこも魔女裁判の様子がリアルに分かるようです。

ボストンから1日あればいける気軽な観光街セーラム。
長く滞在するお客様がいらっしゃったら、ぜひお連れしたいと思います♪

web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter
スポンサーサイト


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2008
03/25
Tue
    

セーラム旅行(1)PEM | Peabody Essex Museum(ピーボディエセックス博物館)

今日はヒデさんの春休みを利用してボストンから車で40分のセーラムに行って参りました。

セーラムと言えば「魔女裁判」。
この街では1692年から魔女狩りが行われ、200名近い村人が魔女として告発され、19名が処刑され、1名が拷問中に圧死、5名が獄死したそうです。
(詳細は→Wikipediaをどうぞ)

・・と書くと非常に悲惨な歴史に彩られた暗い街を想像してしまいますが、今はその歴史を逆手にとって(?)、魔女の街として有名な街として、(ハロウィンの日には仮装した人々が大勢押し寄せるような)観光地を形成しています。

・・というわけで、一度行ってみたいなぁと前々から思っていた場所。

朝10時ちょっと過ぎにはセーラムに到着し、公共駐車場に車を置いて15時くらいまでゆっくり観光しました。

PEM | Peabody Essex Museum(ピーボディエセックス博物館)
PEM | Peabody Essex Museum(ピーボディエセックスミュージアム) posted by (C)mayi
まず寄ったのは、「PEM | Peabody Essex Museum(ピーボディエセックス博物館)」。とりあえず魔女に関する美術館は後回し。

入館に際し、持っていた大きいママバッグは置いていくように言われたので、ロッカーで荷物整理して必要なものだけ持っていざ入館!!
(ちなみに、子供のお菓子と飲み物はCafeのあたりで食べるなら持ち込みOK,カメラはフラッシュなしで撮影OK、ストローラーもOKでした)

この博物館は、海とアジアの展示に力を入れていて、韓国、中国、日本、インドの美術品を多く見られました。
(地球の歩き方によると「大森貝塚」で有名なエドワード・モースが日本美術を精力的に収集、その後この博物館の理事を務めたから、ということです)

ボストン美術館に比べるとこじんまりとしていますが(比べてはいけないかな(^^;))、色々な展示が凝縮して置かれているような印象を受け、とても周りやすく居心地の良い博物館でした。
目線が低くても十分見られる位置に展示されているものが多く、ベビーカーに乗せた子供も楽しめていた様子。
何より建物が美しく清潔で、至る所から太陽の光が差し込み、久しぶりに綺麗と呼べる建物に入ったな~と思いました(笑)。

以下、ざっとですが撮影した美術品をどうぞ↓(ごめんなさい、タイトルは適当です)。

韓国の屏風
韓国の屏風 posted by (C)mayi

韓国の木彫り芸術
韓国の木彫り芸術 posted by (C)mayi

韓国の笙
韓国の笙 posted by (C)mayi
→結婚式の二次会で大学の友達が吹いてくれて感激したのを思い出しました。

こまいぬ?
こまいぬ? posted by (C)mayi
→子供が大興奮だったのはこの像の前でした(笑)

帆船
帆船 posted by (C)mayi
→港町セーラムらしい展示。

ペリー画
ペリー画 posted by (C)mayi
→ペリーさんは当時の日本人にはこういう風に見えていたんですねぇ。

陶器の間
陶器の間 posted by (C)mayi
→広い室内の壁側が一面陶器の展示でした。

陶器の間
陶器の間 posted by (C)mayi

中国の屏風
中国の屏風 posted by (C)mayi
→写真では伝わりにくいかもしれませんが、高さ3メートルはあろうかという巨大な屏風です。

立体画
立体画 posted by (C)mayi
→よく見ると船などが全部立体なんですよ~。芸の細かさに感動!こういうのはやっぱり中国ってすごいと思います。

歌舞伎展
歌舞伎展 posted by (C)mayi
→目に飛び込んできた日本語にびっくり(笑)でも舞台のアイドル・歌舞伎・・ってなんとなく変。

歌舞伎の衣装
歌舞伎の衣装 posted by (C)mayi

歌舞伎の映像も
歌舞伎の映像も posted by (C)mayi
→歌舞伎の舞台が英語の字幕付きで流れていました。

長崎
長崎 posted by (C)mayi
→開港当時の長崎の画。

ORIGAMI NOW!
ORIGAMI NOW! posted by (C)mayi
→ORIGAMIを芸術として取り扱っていて、ちょっと誇らしくなりましたよ~。

折り紙ルーム
折り紙ルーム posted by (C)mayi
→立派な折り紙の専用スペースが!

映像で折り方を表示
映像で折り方を表示 posted by (C)mayi
→パソコンに表示される手順を見ながら折り紙を作ることができます。さっそくヒデさんもトライ。

かえるの途中
かえるの途中 posted by (C)mayi
→かえるを作っています。ちなみにこの映像は、PEMのORIGAMIページでもご覧になれます。丁寧ですよ~。

かえるの完成
かえるの完成 posted by (C)mayi
→5分ほどの作業の末、かえる完成。おしりを押して離すとぴょん!とジャンプします。

細かい折り紙
細かい折り紙 posted by (C)mayi
→どうやって折ったんだろう?と不思議に思うほど細かい折り紙の数々。

折り紙芸術
折り紙芸術 posted by (C)mayi
→何面体でしょう?

ユーモア折り紙
ユーモア折り紙 posted by (C)mayi

ユーモア折り紙
ユーモア折り紙 posted by (C)mayi
→これ好きです(笑)

もはや芸術
もはや芸術 posted by (C)mayi
→もとはただの紙だったのに・・。

これも折り紙
これも折り紙 posted by (C)mayi
→折り紙とは思えません。

ひな祭り展示
ひな祭り展示 posted by (C)mayi
→こちらでもひな祭りの展示をやっていました。こういう7段飾りのおひな様を見たのはボストンで2回目です(1回目はチルドレンミュージアム)。日本にいるときより目にしていることにびっくり・・(笑)

入館料4ドルを別途払って入った「Yin Yu Tang: A Chinese House」も、昔の中国の暮らしを垣間見られて良かったです。
(ここは撮影禁止だったので写真はありません。ストローラーもNGでした)

ここで2時間があっという間に経ちました。
総合的にこの美術館は大満足でした。

★★DATA★★
PEM公式ウェブサイト
East India Square
161 Essex Street
Salem, MA 01970-3783 USA
Phone: 978-745-9500, 866-745-1876
For the Hearing Impaired: 978-740-3649
Program Reservations: ext. 3011

Open daily 10 A.M.-5 P.M.
Closed Thanksgiving, Christmas, and New Year’s Day

Adults $15, Seniors $13, Students $11
Youth (16 and under) and Salem, Mass. residents admitted free.

web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


AD
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
男の子育児
6位
アクセスランキングを見る>>
人気ページ♪
ブログパーツ
タグランキング
Maps
Locations of visitors to this page
プロフィール

めい

Author:めい
[似顔絵作成:夫(笑)]
詳しいプロフィールはこちらです。
@コスメのページはこちらです。
日々の生活を綴っています。
■2007年6月~2009年6月まで米国ボストン(ボストン情報はこちら
■2010年4月~神戸(西宮)
■使用カメラ、レンズ
NIKON D5100、D40
PENTAX Q7
LUMIX GF5
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、SIGMA AF 30mm F1.4 EX DC
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FX

【自己紹介】
静岡県伊東市出身。
大学で上京、
2006年10月に長男、
2011年5月に次男、
2013年7月に三男を出産した、男の子のママです。

写真を撮ること、ブログでレビューすることが生活の一部です。
基本的に面倒くさがり&ものぐさ主婦なので、生活をラクにしてくれるアイテムに目がありません(笑)
商品のコンセプトに共感できるものも大好き。カラーやデザインもお気に入りのものを見つけたいです。
コメントお気軽にいただけると嬉しいです!
記事下からの拍手もとっても嬉しいです(*´∇`*)


【モニター実績】
2009年から商品のモニターをしています(記事タイトルに【レビュー】と入っているのはモニター記事です。)
ママ目線からの正直な感想を書くようにしています。気に入ったものはリピートしています~♪
■2009年:18件
■2010年:24件
■2011年:312件
[長期モニター中]
数教研ゼミ様記事一覧
大豆サポニンのチカラ様記事一覧
ザクロ・マカビューティ

[レポート更新中♪]
トースターパンレシピ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。