MayI-SITE(めいあいさいと)マザーズダイアリー&レビュー

各種レビュー・口コミ&育児・子育て/ライフログ

Javascript DHTML Drop Down Menu Powered by dhtml-menu-builder.com
Home > デジタル機器・カメラ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
サイト内検索
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拍手ありがとう♪
オンラインカウンター
私も参加中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中! マクロミルへ登録 新規モニター登録 遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ 136_50 ブログタイムズ 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ
みんぽすレビュー
長男
次男
お問い合せ・メール

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

--
--/--
--
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2016
01/11
Mon
    

FUJIFILM X-T10で街撮り[色々なシーンを撮る]

すっかりご挨拶が遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
以前より更新ペースが遅くなってしまったこのブログですが、無理をせず、細々とでも続けていければと思っています(^^;)。

さてさて、昨年お借りしていたFUJIFILM X-T10で、街の中を色々スナップしてきた写真があるので、忘れないうちにアップしますね(^^)
使用レンズはFUJIFILM XF35mmF1.4 Rの単焦点レンズです。

緑(植物)を撮る


葉っぱから今にもしたたり落ちそうな水滴を撮ろうと思ってパチリ。
これがかなり難しかった!!ピントがなかなか水滴に合わなくて(^^;)。

水滴
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/75 ISO:1000

さすがFUJIFILM、カメラ任せでとてもナチュラルな色の緑。

GREEN
ƒ/2.5 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/140 ISO:400

撮れる緑の色が良くて、ついつい被写体を探してしまう自分がいました~

ウサギのかくれんぼ a rabbit in the bush
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/140 ISO:200

花の色も鮮やかに、見たまま撮れます。

街角の花 Red flowers
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/200 ISO:400

料理を撮る!


料理も上手に撮れますね。AUTOですが、露出を+1に少し上げています。

PASTA
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/75 ISO:1250

※実はこのとき露出制御を「プログラムAE」で撮ろうと思って説明書を読みあさったのですが、よく分からなかった・・。
↓こちら、説明書なのですが・・・、
イメージ002
この説明書に書いてあるレンズ部分のスイッチが、どうしても見つからない!
・・35mmレンズでは設定できないのかも?・・という理解になっていますが違ったらごめんなさい。
でも、どちらにしろプログラムAEで撮るための手順が複雑すぎるので、日常使いには向いていないですね。
おとなしくAUTOで撮ることにしました(笑)。

子供を撮る!


子供の一瞬の動きだとか、笑顔だとかもAFが速いおかげできちんと撮ることができます。

階段で遊ぶ
ƒ/3.6 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/150 ISO:400

AFの性能が良いので、子供の一瞬の笑顔だとか動きをきちんと記録におさめられますね。
ナチュラルな色遣いなので、肌色もキレイです。
子供の写真を実はたくさん撮りました(笑)。

電車を撮る!アドバンストフィルターを試す


こちら、西宮北口駅の阪急電車です。

阪急線
ƒ/4.5 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/160 ISO:400

なかなか良い感じに撮れたので、今度は違う角度から試してみることに(^^)

阪急線
ƒ/3.6 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/150 ISO:400

うん、これも◎(自分に甘い(笑))。
構図が気に入ったので、同じ場所から、アドバンストフィルターをかけて撮影してみることにしました。
FUJIFILM X-T10には8種類のフィルターがあるのですが、
手っ取り早くドライブダイヤル↓(2番ですね。すみません、画像公式ページからお借りしました!)を回して、設定してあった2種類のフィルターを使いました(2個まで登録可能のようです)。
イメージ003

↓こちら、トイカメラ

阪急線
ƒ/3.6 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/140 ISO:400

↓こちらはミニチュア

阪急線
ƒ/3.6 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/125 ISO:400

どちらもガラリと雰囲気が変わるので、撮影が楽しくなりますね。

アドバンストフィルター:トイカメラで遊ぶ


以降、トイカメラのフィルターが気に入り、ドライブダイヤルをずっとトイカメラに設定したまま色々撮り続けました。
クリスマス前に撮ったので時季外れな写真の数々で申し訳ないです(大汗)。

snowmans
ƒ/3.6 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/140 ISO:400

Ornament
ƒ/1.4 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/75 ISO:640

店先のタヌキ
ƒ/2.8 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/150 ISO:200

a hamburger shop
ƒ/3.2 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/150 ISO:400

Ornament
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/125 ISO:200

Xmas Tree
ƒ/4.5 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/140 ISO:400

拙作は以上です~。失礼致しました。

まとめ


まとめます~。

【良かったところ】
◎色々な設定が物理ダイヤルで操作できる
◎ナチュラルかつ、キレイな色味。植物や花の撮影も得意
◎料理も美味しそうに撮れる
◎子供の速い動きにも対応

【難しかったところ】
■ダイヤルによる操作系が特殊な分、他の一般的なカメラでできることを直感的に操作するのが難しかった
 (プログラムAEで撮るなど)
■背面のボタンにフラッシュやタイマーなどの記号が書かれていないので↓、フラッシュ撮影などの設定を変えたいときにどのボタンを押せば良いのか直感的に分からず、戸惑った
イメージ004
※以上から、物理ダイヤルの部分を除いて、若干直感的に操作するのが難しい機種なんじゃないかと思います(笑)
(きちんと覚えてから撮るのが吉)

おまけ


このカメラで撮った写真を引き延ばして印刷してみたい!という衝動に駆られ、
まずは額縁をGETするところから準備し(笑)、印刷用紙を吟味し、
引っ越してから長い間宝の持ち腐れだったピクチャーレールを利用して壁に飾るに至りました。
感動~~!!

壁掛け写真

一眼レフカメラで写真撮り始めてから結構長いのに(長男が生まれてからなので9年)、
いままで一度もA4のサイズで印刷したことがなかったので、目から鱗です。
もっと写真を飾りたくなりました。
こんな衝動を生んでくれたFUJIFILM X-T10に感謝して、全3回の記事を締めくくりたいと思います~~!!
長くなってしまいましたが、ご覧下さりありがとうございました(^^)

↓この記事を気に入っていただけたら◎を押してくださると嬉しいです♪
17895-3417-296244


17895-3417-296244



web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter
スポンサーサイト


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2015
12/25
Fri
    

FUJIFILM X-T10と水族館へ

みんぽすさんから1か月間FUJIFILM X-T10をお借りしました~。
(惜しみながら先日返却致しました・・)
FUJIFILM X-T10 (1)

先にこちらのカメラを使って神戸ルミナリエを撮ってきたときのことは先日記事にしましたが、
記事はこちら→FUJIFILM X-T10で神戸ルミナリエ撮ってきました
カメラについてご紹介する記事はまだでしたので、今回は簡単にご紹介するのと、これを持って水族館に行ったときの写真をUPしますね(^^)

こちらのFUJIFILM X-T10の特徴は、なんと言ってもこの上部のダイヤル類!!
(左側がシャッタースピード、右側でレンズの絞りを設定)

FUJIFILM X-T10 (8)

大きな円盤状のダイアルの他、埋め込まれた回転式のダイヤルもあります。
(こちらではプログラムシフトの調整、シャッタースピードの微調整など、押し込むとAFモードの変更

FUJIFILM X-T10 (9)

背面にも回転式のダイアルがもう一つ。
(こちらでは絞り値の変更、クイックメニューの設定値の変更、フォーカスエリアのサイズ変更、オートモード撮影のときのシーン選択など、中央を押すことでピント位置の拡大表示、マニュアルフォーカス時に長押しで、MFアシスト の設定切り換え、再生時にピントを合わせた位置を拡大表示など

FUJIFILM X-T10 (10)

・・と、とにかく機能が豊富。
ダイアル類で、自分好みの設定を作ることが可能です。

でも、そんな手間を掛けられないときは、左のダイアルに設置されたレバーをAUTOに合わせれば、アドバンストSR オート(58パターンから、カメラが自動でシーンに合わせた最適な撮影条件を設定)で気軽に撮影することも可能です。

FUJIFILM X-T10 (8)

その他、
■高速AF
■6通りのAFモード
■フィルムシミュレーション
■ISO51200の高感度
■236万画素の高精細電子ビューファインダー


・・などなど、機能はまだまだ色々あるのですが、詳しくは公式WEBサイトの製品紹介のページをご覧いただきたく(^^;)。

水族館へGO


さてさて、こちらを持ってまず向かったのは実は水族館だったのです。
レンズはXF35mmF1.4Rを装着。
小ぶりで持ち出しやすいレンズです。

FUJIFILM X-T10 (2)

水族館って、室内は暗いし、撮りたいものは水槽の中だし、撮影するには酷な状況ですよね。
以前他のカメラを持っていって全然上手に撮れなくて(ブレブレ)「ダメだこりゃ」っていう思いをしたことがあるだけに、
性能を見るには丁度良いかな~と思いながら持っていきましたよ(^^)。

撮影場所は、須磨海浜水族園
過去に何度か訪れたことがある水族館です。
カメラが我が家に届いてすぐに出かけたため、取扱説明書を全く読まずに撮影開始。

最初に、この右側のダイアルの設定に苦戦。
水族館のような暗い場所で、どの程度の設定値にすべきか分からなくて。
色々いじってやってみたのですが、自分では無理と判断・・(大汗)、素直にAUTOモードにレバーを回しました(^^;)。

フラッシュNGの館内なので、明るめの水槽を狙って撮りに行きます。
水槽の中心あたりにピントを合わせておいて、ちょうど魚が来たらシャッターを押します。
何度か挑戦して・・、バシッとピントが合った(気がした)のがこちら↓。
(たぶんフォーカスを動くものに追従するように設定すれば良かったと思うのですが、このとき気がつかずその方法に・・)

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/2.5 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/140 ISO 400

拡大するとピントが甘いのが分かりますが(^^;)、ブログに載せるくらいの大きさならなんとかそれなりに見える・・かな(自分に甘い!(笑))。
最初は練習なので・・どんどん撮っていきましたよ~。

次はこちら!
これはなかなか良く撮れましたよ!!(笑)
ISOは3200にまで上がりました。やっぱり暗いからね~。

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/10 ISO:3200

これなんか凄い。ウツボですが(結構気持ち悪いですね、ゴメンナサイ(笑))、ガラスがないみたいに撮れました!
まさに見たまま。驚きです。

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/25 ISO:3200

これもお気に入り。
カクレクマノミ。可愛いです。
ちょろちょろ動くので撮影がとても難しかった・・けれど、何度も挑戦してやっと1枚良いのが撮れました。

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/75 ISO:2000

こちらのカメラ、全般的にAF性能は良いと思ったのですが、ちょっとニガテかも?と思ったのがこういう明度差があまりないもの。
これでもかなり頑張ったんですが、ピントをバシッと決めることができなかった・・。

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/4.0 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/15 ISO:3200

これも同じですね~。AFが迷いまくってました。

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/1.4 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/70 ISO:3200

でも、同じ暗い室内でも、水槽ではなくて展示物を撮るのは得意ですよ(下の蟹は模型)。
カメラお任せでこのパキパキ度。素晴らしいです。

須磨海浜水族園にて @Suma Kaihin Aquarium in Japan
ƒ/1.4 焦点距離35.0 mm シャッタースピード1/38 ISO:1000

・・というわけで、気がつけばAUTOばかり使っていました。アドバンストSR オートが賢くて。
所々撮影が厳しい水槽もありましたけれど、以前自前のカメラで撮ったものと比べると断然FUJIFILM X-T10の方が良い写真が撮れました~。
水族館=室内で写真撮れない ・・という自分の中の先入観が覆されました。

拙作ばかりで失礼致しておりますが、まだちょっと続きます(笑)。
次回は日常スナップ編です~。

↓この記事を気に入っていただけたら◎を押してくださると嬉しいです♪
17895-3417-296224


17895-3417-296224

web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2015
12/13
Sun
    

FUJIFILM X-T10で神戸ルミナリエ撮ってきました

昨日のこととなりますが、関西に引っ越してきてから初めて、神戸ルミナリエに行ってきました!!
現在みんぽすさんからFUJIFILM X-T10というカメラをお借りしているので、そちらを携えつつ。
(開封などのレビューは後日!)

前日の強風でルミナリエの装飾が一部倒壊してしまったり、
私が家を出たときに小雨がぱらつき始めたり(自身の雨女っぷりに嫌気が差しました・・)、
JRが長時間運転見合せたりするハプニングに見舞われた1日でしたが、
なんとか会場に入ることができました。
(三宮で夕食をとったりしていたら、時すでに21:00!!金曜日で良かった・・)

もうね、こちらが見えた瞬間、歓声を上げてしまいました↓
美しいです・・・。

神戸ルミナリエ2015
ƒ/3.6 焦点距離37.4 mm  シャッタースピード1/58 ISO:400

2015年のテーマは、「心の中の神戸」
(お恥ずかしながら、毎年テーマがあって作品が毎年変わることを今まで知りませんでした・・)
こちらはフロントーネ「栄光への扉」という作品。

神戸ルミナリエ2015
ƒ/2.8 焦点距離18.0 mm シャッタースピード1/140 ISO:400

光の回廊ですね・・

神戸ルミナリエ2015
ƒ/3.2 焦点距離18.0 mm  シャッタースピード1/150 ISO:400

こちらはガレリア「輝きの間」

神戸ルミナリエ2015
ƒ/3.2 焦点距離18.0 mm シャッタースピード1/125 ISO:400

スパッリエーラ「バラの冠」

神戸ルミナリエ2015
ƒ/3.2 焦点距離20.5 mm シャッタースピード1/80 ISO:400

もう、見事の一言でした・・。
本当に見に行って良かった。
倒壊してしまった作品も見てみたかったです。残念・・。

神戸ルミナリエは、
阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぎ、神戸のまちと市民の夢と希望を象徴する行事 として毎年開催され、今年で21回目。
でも、深刻な資金不足で存続が危ぶまれています。
このままだと来年の開催が見送られてしまうかもしれません・・(涙)
神戸ルミナリエがこんなに素晴らしい作品だと知った今、それはとても残念なことに思えます。
微々たる金額ですが、私も帰宅してからJAPANGIVINGのサイトで募金をしました。
来年も開催されますように。

上記の写真はすべてFUJIFILM X-T10というミラーレス一眼に、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISというレンズを装着して撮影しました。

ルミナリエの電飾の美しさを見たまま、綺麗に写してくれたのではないかと。
比較のためにPENTAX K-50も持っていったのですが、こっちの方が面倒な手間要らずで、風景を美しく残せました。
全て設定はカメラ任せのアドバンストSR オートです。
ただ、ルミナリエを背にして、フラッシュ撮影で家族写真を撮ろうと思ったら、設定が複雑で(直観的でなく)撮れなかったんです。事前に予習が必要だったみたい。
暗く、時間も押している中で(家族の帰ろうコールがリフレイン)カメラの設定をあれこれ弄るのは至難の業でした。
ゴメンナサイ、フラッシュ撮影は勉強不足でした。今度きちんとやってみますね(^^;)。
次回以降、開封や水族館で使用した画像などUPします~。

↓この記事を気に入っていただけたら◎を押してくださると嬉しいです♪
17895-3417-296208


17895-3417-296208
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2015
09/01
Tue
    

一眼レフカメラPENTAX K-50(ピンク)買いました!マクロレンズ&標準単焦点レンズも追加購入♪

写真撮影が大好きなのですが、この度新しい相棒ができました。
PENTAX K-50という一眼レフカメラです♪

PENTAX K-50

購入の決断が異様に早かった1台(笑)。検討含めて3日くらいだったかな?
同じ趣味の方がお勧めしてくれたのが大きかったです。
少し前の機種だけあって、かなーり値下がりしていました。
48%OFFだったかな?なんじゃそりゃー!!なお値段(笑)。
Amazonからあっという間に届きました。

PENTAX K-50

ワクワクしながら箱を開けましたよ~。

PENTAX K-50

じゃーん、出てきたっ!!本体+キットレンズ2本のセットなんですが・・、
そうなんです、カメラ本体の色がピンクなんですよ!!
しかも私の好きな濃色。だけどギラギラしてない、非常に良い色味です
こんな一眼、PENTAX以外どこからも出てない!!
この色が購入の決め手となったと言っても過言ではありません(笑)。可愛い~~!!

PENTAX K-50

キットレンズ2本のうち、18-55mmの方は本体と同じピンクの塗装なので、付けたときに非常にマッチします。

PENTAX K-50

説明書を読みながら・・、

PENTAX K-50

電源の入れ方を学びました。
最初にどこを探しても充電パックがない!と思って焦ったのですが、説明書を読んで納得。
K-50は単3電池を動力とするので、この電池ホルダーに電池を入れます!
(ちなみに充電パックも入れられますが別売り)

PENTAX K-50

4本入れますよ~。ちょっと重いわ(^^;)。

PENTAX K-50

メニューなどはPENTAX Q7と似ているので親近感有り。
専門用語などは追々調べていきます(笑)。

PENTAX K-50

本体の前後に電子ダイヤルが2つついているので、プログラムモードのときにシャッター速度と絞り値を即座に変更できるのが便利です。

PENTAX K-50

先日の浜名湖旅行にも持っていってたくさん写真を撮りました。
記事はこちら→2015夏休み浜名湖旅行記(3)竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)&浜松餃子
2015夏休み浜名湖旅行記(2)潮干狩り、BBQ
2015夏休み浜名湖旅行記(1)浜松市動物園&本場鰻を「志ぶき」で堪能


キットレンズ、ピンクだし可愛いけど、イマイチ写りが思い通りに行きません(腕のせいかも!)。
それに、もう少し植物の写真を寄って撮りたいという衝動に駆られまして、
マクロレンズの購入を決意。

マクロレンズ:smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR追加


これも熱が冷めないうちにササッと購入(笑)。すぐに届きました。

PENTAX K-50

ケースに入っておりました。

PENTAX K-50

フードを畳んでおくと、とてもコンパクトに持ち運べます。

PENTAX K-50

フードを付けてみました。
筒全体に渋い光沢があって、非常にスッキリしたフォルム。マクロレンズなのに全然ゴテゴテしていません。
シンプルでカッコイイ!!

PENTAX K-50

K-50に取り付けてみました。
K-50の本体のグリップ部分が黒いので、黒いレンズを取り付けても違和感がありません。

PENTAX K-50

単焦点なので、被写体との距離は自分でとっていく感じ。
でも、植物のみならず、これで風景写真もバッチリいけます。ちょっと無理矢理だけど付けっぱなしにもできそう。

さらに!smc PENTAX-DA35mmF2.4AL追加!


上記のマクロレンズでも十分満足だったんですが、子どもと公園などに行くときに付けているのはチョット大げさよね。
・・と思いまして、気軽にスナップ写真の撮れるsmc PENTAX-DA35mmF2.4ALも追加購入しました。
買ってばっかりいる!と思われた方、楽天のポイントを使えたし、手の届くお値段だったんですよ(笑)。
PENTAXのレンズって価格が良心的!
これはオーダーカラーなので、注文してから届くまでに3週間ほどかかりました。

単焦点レンズで、F2.4なので明るく撮れます!
パキパキっと撮れるし、やっぱり写りがキットレンズとは全然違います。良かった~。

PENTAX K-50とsmc PENTAX-DA35mmF2.4AL

これで一眼が3台(NikonD40、LUMIX GF5を入れると5台・・でも近々手放す予定(笑))になってしまいましたが、
Nikon D5100は室内物撮り用、PENTAX Q7は気軽に持ち出し用、PENTAX K-50は撮影楽しみ用、と用途を変えて楽しんでいきたいと思います~。

拙作で恐縮ですが、K-50で撮った写真、良かったらご覧下さいませ(^^)↓


↓この記事を気に入っていただけたら◎を押してくださると嬉しいです♪
17490-3417-296038
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2015
05/17
Sun
    

ASUSタブレット(MeMO Pad7)のケースを替えたら見違えた!

去年の8月頃に購入したASUS MeMO Pad 7 ME176
おかげさまで(時々重たくなったりしますが(笑))快適に使っています。
記事はこちら→ASUS「MeMO Pad 7」購入!

同時期にケースも購入していて、一緒に使っていましたが、
ネット購入だったために、思っていたのよりくすんだ色のものが届いてしまい、
正直あまり気に入っていなかったのです。

カバー(ASUS) (5)

さすがに1年も経つとヨレヨレになるんですねぇ(^^;)

カバー(ASUS) (4)

↑先日角のところにほつれを見つけたので、カバーを買い直してみました。

じゃーん、こちらですっ↓
光沢のある素材のピンクのレザーが、本当に美しい色味!!
まさにこういうピンクが欲しかったの!!

カバー(ASUS) (1)

背面にもレザーが施されています↓

カバー(ASUS) (3)

開けたところ↓
表面は三つ折りになり、横置きのスタンドになります。

カバー(ASUS) (2)

高級感のある仕上がりで、とってもスタイリッシュ。
しかも前に使っていたものよりも軽い!!
子どもたちも、「あれ?タブレット新しくしたの??」と驚くほど見違えました~。
価格も手ごろだったし、買って良かった!

ASUSのMeMO Pad7は最新機種も出ていて気になるところではありますが、
まだまだこちら、愛着を持って使っていきたいと思います。


web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter ≫ EDIT

2014
11/23
Sun
    

Pentax Q7購入レビュー(7)秋の薔薇と草花を撮る!

久々のPENTAX Q7記事です。

少し前に、おなじみの西宮市北山緑化植物園に、PENTAX Q7を持って遊びに行ってきました~!

Park KITAYAMA

今園内は秋薔薇が咲いていてとっても綺麗。
ヒデさんと長男・次男が山へ散策に出かけている間、私と三男は薔薇や周辺の草花を愛でておりました。

Park KITAYAMA

色とりどりの草花に何度来ても感激します。

Park KITAYAMA

さて、上の写真含め、草花の写真を撮る場合、PENTAX Q7では極彩の色味が良いですね~!
下記の薔薇&草花写真はひたすら極彩で撮りました。

「極彩」で撮った写真たち


以下、全てプログラムシフトモードです。

Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/2.8 , 8.5 mm ,露出時間1/80 , ISO 100

Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/3.2 , 8.5 mm ,露出時間1/250 , ISO 200

Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/4.0 , 22.3 mm ,露出時間1/200 , ISO 100

Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.5 , 42.4 mm ,露出時間1/200 , ISO 100

Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.5 , 41.9 mm ,露出時間1/320 , ISO 100

Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.5 , 42.6 mm ,露出時間1/320 , ISO 100

ミツバチは大好きな被写体です!06 TELEPHOTO ZOOMだと近寄らなくても撮れるので重宝します。
Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.5 , 43.9 mm ,露出時間1/200 , ISO 160

鮮やかですね~!!
Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.5 , 28.7 mm ,露出時間1/200 , ISO 100

Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.5 , 28.7 mm ,露出時間1/200 , ISO 100

こういう「画面いっぱいに草の葉」という構図が結構好きです♪
綺麗な葉の集まりを見つけると思わず撮ってしまいます(笑)。これも極彩。
Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/3.2 , 8.5 mm ,露出時間1/100 , ISO 100

(上の写真もですが)レンズがSTANDARD PRIMEのときはギリギリまで寄って撮ります♪
一番使い勝手が良いレンズだと思います。
こちら若干暗めですが、これも極彩です。
Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/3.2 , 8.5 mm ,露出時間1/100 , ISO 100

PENTAX Q7だと多少曇っていても(実際この日は曇り)草木の色が強調されて良い色に仕上がる気がします。
「極彩」で人物を写すとドギツイ色になりがちですが、屋外だとそんなに悪目立ちもしませんよね。
白い色もパキッと白く写りますし、特にバラのような色が綺麗な花の場合は「極彩」がピッタリです。

「極彩」と「スマートエフェクトなし」の違いを見てみる


ちょっと色の違いをご覧になります?

こちらが普通に撮ったもの。
Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.2 , 43.9 mm ,露出時間1/200 , ISO 200

そしてこちらが同じ薔薇を「極彩」で撮ったものです。
Park KITAYAMA
Pentax Q7 06 TELEPHOTO ZOOM ƒ/3.2 , 43.9 mm ,露出時間1/200 , ISO 200

好みなのかもしれませんが・・、「極彩」の方を見てしまうと、普通に撮った色味がすごく渋く思えてしまうんですよね。
実際目で見たときに近いのは極彩の方だったりします。

「極彩」なしで撮った写真たち


というわけで、草花を撮るのに「極彩」は大好きなモードなんですが、
被写体によっては「極彩」ではどぎつくなりすぎるので解除して普通に撮った方が良い場合もあります。
特にピンク系は派手になりがちなので、液晶を見ながら決めています。
以下、「極彩が派手すぎた結果モード解除して普通に撮った写真たち」です(笑)。

Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/3.2 , 8.5 mm ,露出時間1/100 , ISO 200

サボテンみたいな落ち着いた色が主体の被写体も、普通に撮った方が◎。
当たり前と言えば当たり前でした(笑)。

Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/2.8 , 8.5 mm ,露出時間1/100 , ISO 100

Park KITAYAMA
Pentax Q7 01 STANDARD PRIME ƒ/3.2 , 8.5 mm ,露出時間1/100 , ISO 100

以上です!
もうすぐ師走ですね~。そろそろ2014年の「食べもの写真」もUPしなければ・・(たまってます(笑))

ちなみに、今までに撮っているPENTAX Q7の写真一覧はこちらです↓
拙作ばかりで恐縮ですが、よろしければこちらもどうぞ♪


↓この記事を気に入っていただけたら◎を押してくださると嬉しいです♪
17489-3417-295209



Amazon PentaxQ7特集ページはこちら
楽天でこの商品を一括検索&価格表示(最安値順)
※ちなみにこちらで買いました↓
web拍手 by FC2
はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク livedoorクリップ Facebook Twitter


AD
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
男の子育児
5位
アクセスランキングを見る>>
人気ページ♪
ブログパーツ
タグランキング
Maps
Locations of visitors to this page
プロフィール

めい

Author:めい
[似顔絵作成:夫(笑)]
詳しいプロフィールはこちらです。
@コスメのページはこちらです。
日々の生活を綴っています。
■2007年6月~2009年6月まで米国ボストン(ボストン情報はこちら
■2010年4月~神戸(西宮)
■使用カメラ、レンズ
NIKON D5100、D40
PENTAX Q7
LUMIX GF5
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED、SIGMA AF 30mm F1.4 EX DC
Tokina AT-X 17-35 F4 PRO FX

【自己紹介】
静岡県伊東市出身。
大学で上京、
2006年10月に長男、
2011年5月に次男、
2013年7月に三男を出産した、男の子のママです。

写真を撮ること、ブログでレビューすることが生活の一部です。
基本的に面倒くさがり&ものぐさ主婦なので、生活をラクにしてくれるアイテムに目がありません(笑)
商品のコンセプトに共感できるものも大好き。カラーやデザインもお気に入りのものを見つけたいです。
コメントお気軽にいただけると嬉しいです!
記事下からの拍手もとっても嬉しいです(*´∇`*)


【モニター実績】
2009年から商品のモニターをしています(記事タイトルに【レビュー】と入っているのはモニター記事です。)
ママ目線からの正直な感想を書くようにしています。気に入ったものはリピートしています~♪
■2009年:18件
■2010年:24件
■2011年:312件
[長期モニター中]
数教研ゼミ様記事一覧
大豆サポニンのチカラ様記事一覧
ザクロ・マカビューティ

[レポート更新中♪]
トースターパンレシピ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。